2014年05月

2014年05月29日

【国内】インフラ運営権売却、3年で最大3兆円 民間開放を前倒しへ【インフラ】

1:2014/05/21(水)14:17:10 ID:
政府は空港や水道などインフラ運営の民間開放を加速する。
2022年までにインフラ運営権の売却規模を2兆~3兆円とする現行計画を見直し、
17年までの3年間で前倒し達成することをめざす。
実現に向けて地方自治体の案件発掘を補助する制度をつくる。


政府が民営化に前向きな姿勢を示すことで企業の投資意欲を刺激し、
インフラへの民間マネー取り込みにつなげる。

続きは要会員登録、ソース:日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGC16011_W4A510C1PP8000/

>また、民間にインフラ事業の運営を委ねる運営権方式のPFI、PPPは、
>地域の民間の事業機会の創出や、国・地方の公的部門の効率化に資することから、
>劇的に拡大していきたいと考えております。

補足:経済財政諮問会議・産業競争力会議合同会議
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/actions/201405/19keizai.html

このスレは依頼されたものです
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1398350440/753
続きを読む

kabushikikutikomi at 19:19コメント(0) この記事をクリップ!

2014年05月28日

【エネルギー】日印首脳がエネルギー協力強化で一致へ 三井物産は上流開発、中部電力は共同調達で合意【日印共同声明】

1:2014/05/26(月)23:27:55 ID:
 安倍晋三首相は25日から3日間の日程でインドを訪問する。
同日午後にはシン首相と会談し、両国の官民がエネルギー分野で協力し、
海外での天然ガス資源開発や共同調達を進めることで合意。
首脳会談後に発表する共同声明に盛り込まれる見通しだ。
世界の2大液化天然ガス(LNG)消費国である両国が手を組むことで、他国との価格交渉力を高め、
エネルギー資源の安定調達を目指す。


(中略)

 両国政府はLNGの共同調達を進めることで、購買力を高め、
「アジアプレミアム」と呼ばれる割高なLNG購入価格の引き下げを狙う。
日本にとっては、原発の稼働停止で膨らむ燃料費の抑制も視野に入る。


(続きはソースで)
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140125/biz14012501260003-n1.htm
続きを読む

kabushikikutikomi at 15:09コメント(0) この記事をクリップ!

【海外】三井物産がメキシコ石油公社と覚書結ぶ 石油や天然ガス開発など推進【エネルギー開発】

1:2014/05/26(月)18:31:55 ID:
 三井物産は27日、メキシコ石油公社のペメックスと石油・天然ガスのエネルギー開発や関連インフラ整備で覚書きを結んだと発表した。

(中略)

 三井物産はメキシコ国境に隣接する米テキサス州のシェールガス開発にも参画し、一体開発・販売も念頭においている。

(残りはソースで)
続きを読む

kabushikikutikomi at 15:03コメント(0) この記事をクリップ!

2014年05月22日

【チャイナリスク】中国撤退しようとする日本企業に課せらる金額wwww【企業】

1:2014/05/22(木)16:58:56 ID:
 中国進出と同時に始まる日系企業への「嫌がらせ」に辟易し、撤退する企業が増えているが、
共産党の御用メディアばかりのマスコミもまた、日系企業の難敵だ。

 黒龍江省ハルビン市が今年はじめ、市内のタクシーにトヨタ車を使用すると発表すると、
人民日報系の自動車ニュースサイト「中国汽車報」が噛み付いた。

「釣魚島問題や靖国参拝に際して我々は日本製品ボイコットを行なってきた」「ハルビン市政府は
民族としての尊厳を売り払うべきではない」。

(中略)

 様々な嫌がらせに辟易し中国から撤退する日本企業は多い。

「人件費や家賃の高騰、競争激化などにより収益が見込めなくなり、昨年末から今年にかけて
日系企業の撤退や事業縮小が続いています。明治乳業の粉ミルク販売休止、ロート製薬の
上海現地法人の解散、薬用化粧品ドクターシーラボの撤退、日本ガイシの中国生産子会社解散、
イトーヨーカドー北京望京店の閉鎖などがそうです。撤退までしなくても、共産党政権による
嫌がらせや日本商品不買運動が多くの企業に影響を与えていることは間違いない」

 しかし、撤退すら容易でないのが実情だ。日系企業は撤退しようとして突然課せられる
“手切れ金”に悩まされることがある。

(中略)

 撤退時に数十億円の課税請求を受けた日系企業もあるという。中国当局はあの手この手で
撤退を阻止しようとするため、工場を単なる倉庫として使って、事実上の休眠状態にしている
会社は少なくない。

 中国人従業員を解雇する際の交渉も一筋縄ではいかない。従業員側は弁護士を連れてきて
「あの時実は私は残業をしていた」などと言い張り、補償金を不正に吊り上げようとする。
かつては給料の2週分くらい渡せば解雇できたが、今は6か月分が相場になっている。


 日本企業にとって、中国でのビジネスは進むも退くも困難な時代を迎えている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140522-00000013-pseven-cn
続きを読む

kabushikikutikomi at 18:12コメント(0) この記事をクリップ!

2014年05月17日

【自動車】米GM大規模リコール!に35億円罰金へ!今年に入って累計約1280万台 !!!

1:2014/05/17(土)11:29:52 ID:
米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)の大規模リコール(回収・無償修理)問題で、
米運輸省がGMによる対応が遅れたとして、3500万ドル(約35億円)の罰金を科すことが分かった。
複数の米メディアが報じた。運輸省が同日中に発表するという。

詳細はソースで
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140517/biz14051700480004-n1.htm

続きを読む

kabushikikutikomi at 16:48コメント(0) この記事をクリップ!

ページトップ