2014年09月10日

【経済】デンソーに罰金2億円 談合でカナダ裁判所

1:2014/08/22(金)01:40:35 ID:
 デンソーは21日、
自動車部品の取引でカナダの独占禁止法に違反し談合していたとして、同国オンタリオ州の裁判所から245万カナダドル(約2億円)の罰金支払いを命じられたと発表した。
2014年7~9月期決算で特別損失として計上する。

 カナダ政府によると、デンソーはほかの日系自動車部品メーカーと共謀。
ドアロックやミラー、照明などを制御するコンピューターの取引で談合していたという。

(全文は産経ニュースで)
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140821/biz14082112590006-n1.htm

続きを読む



kabushikikutikomi at 21:59コメント(0) この記事をクリップ!

2014年09月02日

【株】古河電池株が連日のストップ高 「水を注いで使う電池」が大反響[9/1]

1:2014/09/01(月)23:38:09 ID:
 1日の東京株式市場で、古河電池が前週末に続き2営業日続けてストップ高をつけた。
8月29日に発表した「水を注いで使う非常用電池」が大きな注目をあびて、同日に続き、1日も買い一色となった。

(中略)

 29日に開発した商品は、非常用マグネシウム空気電池「マグボックス」。
凸版印刷との共同開発製品で、粉洗剤の箱のような外観で、水や海水を入れるだけで発電し、
USB端子から5ボルトの電気が取れ、スマートフォン(高機能携帯電話)なら最大30回の充電ができる。

(全文は産経ニュースで)
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140901/biz14090115320009-n1.htm

続きを読む



kabushikikutikomi at 23:30コメント(0) この記事をクリップ!

2014年08月20日

【世界進出】1回の採血で13種類のがん診断!世界標準化を目指し、東レ、東芝、産学官など連携【医療】

1:2014/08/18(月)19:39:15 ID:
★1回の採血で13種類のがん診断 NEDOなど実用化へ
産経新聞 2014年08月18日17時33分

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と国立がん研究センター、東レは18日、血液中の遺伝物質の変化を測ることで、がんや認知症を早期発見する診断システムの実用化に着手すると発表した。

 成功すれば、13種類のがん疾患の有無を1回の採血で診断できる。

 NEDOが2018年度までの事業として、国費79億円を計上。同センターが持つ約7万人分のがんや認知症の患者の血液から、遺伝物質の一種「マイクロRNA(リボ核酸)」の量や種類の変化を測定し、乳がんや大腸がん、胃がんなど症例別のデータを集めて診断技術の確立につなげる。

 事業には、東レが開発した樹脂製のDNAチップを使用。東芝なども参加し、専用診断機器の開発を進めて産学官連携で、次世代のがん診断技術として世界標準化を目指す。

 従来のX線検査などは、患部によって検査する必要があり患者への負担が大きかった。今回の手法は1回で複数の疾患を検査できる上、症状が認識できない段階でも発見できるという。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/9158338/

続きを読む



kabushikikutikomi at 15:32コメント(0) この記事をクリップ!

ページトップ